デイサービスセンターなごやか石岡
 Tel:0299-24-2870
トップ
なごやかニュース
私たちのサービス
何でもQ&A
お役立ち情報
なごやか機能訓練
なごやか口腔ケア
スタッフ紹介
施設の空き情報
立地・アクセス
お問合せ
会社案内

なごやか機能訓練を受けられたご利用者様の事例集


 別途資料の通り、半数以上のご利用者様が、なごやか機能訓練をしてきたことにより、体の調子が良くなったとアンケートにお答えですが、ここに平成17年に各施設から収集した具体的な事例の一部を表にさせて頂きました。

   (注)
  • 以下は、なごやかグループ全体からのデータです。
  • 必ずしも医学的な判定によるものではなく、ご本人様・ご家族様・職員等の実感によるものです。
  •    
  • 必ずしも、なごやか機能訓練だけが全ての効能とは言えません。別途通われている医療・介護機関の効果や、あるいは、自主的な訓練等による効果もあり得ます。しかし、以下は少なくとも、なごやかグループの施設に通所開始時から最近までの間に於いて起きた変化であることには違いありません。
  •    
  • 順不同

機能訓練以前
機能訓練結果
期間
年齢
性別
自立歩行が出来ず、介助歩行で、10メートルほど歩くと息が上がってしまうほど体力もなかった。常に無表情で、血の気が無い青白い顔をしていました。 歩行が安定して、自立歩行は当然で、今では、他のご利用者様の手を引いて歩いて差し上げる程回復しています。体力の回復と共に、血色の良い生き生きとした表情です。 平成16年
11月より
平成17年
5月
82
女性
移動時は常に車椅子で、入浴もリフト浴でした。 移動時は車椅子を使用するが、入浴の際には手摺りを使用してつかまり歩行。更に大風呂で入浴されています。 2〜3ヶ月 90代
女性
失語症であり、発語は殆どありませんでした。 体操の時間の歌の時には、一緒に声を出して歌って頂けるようになりました。 2〜3ヶ月 80代
男性
手の力が弱く、ゲームでボールを投げる等の動作が困難でした。(ボールから手が離せないほど) 以前より力が入るようになり、スムーズに投げられるようになり、ご自身も自身を自信をもてるようになったと思います。 2〜3ヶ月 80代
女性
鬱病であり、何もする気が起きなくなってしまっていた。 他の方と積極的に交流を持ち、計算・漢字などに取り組まれるなど、とても勉強熱心です。以前の趣味であった折り紙を始められました。 2〜3ヶ月 80代
女性
元来お話好きな方でしたが、あまり日常で声を出す機会がありませんでした。 機能訓練の発声・早口言葉を行なうことによって、ストレス発散や、活力が生まれました。 2〜3ヶ月 80代
女性
左麻痺側の手の力が弱かった。 手の握力かつき、また、それによって立ったときの体を支える力もついてきた。(鉛筆を握ることで力もつく) 2〜3ヶ月 80代
男性
杖歩行、フラつきあり フラつきも少なく、見守りで歩行される。リズム・速度も安定している。 約半年 70代
女性
(認知症の方)体操を促すも、理解力乏しいため、ぼんやりとすることが多かった。 歌を、しっかり歌えないまでも、リズムに反応よく、上手に参加できるようになり、笑顔もみられるようになった。 2〜3ヶ月 70代
女性
ぼんやりとする、無表情、集中力がない 集中力アップ、昔を懐かしみ、口数が多くなる、感情豊かになる 半年 70代・80代
女性
サービス開始時は、支えれば、極短時間、何とか立てる程度の状態 手摺りにつかまり、自力にて立位とれ、安定して長時間とれるようになる。移乗もほぼ自力にてできるようになる。 3〜4ヶ月 85
男性
認知症があり、行動に落ち着きがない。計算など好きであったようですが、機会がなかった。 学習プリントに取り組まれるようになってから、意欲的になり、行動も安定してくる。利用料も自分で計算できるようになり、ご家族も大変喜ばれる。 2ヶ月 89
女性
体力がなく疲れやすく、入浴だけの2〜3時間の利用であった。歩行もフラつきあり、不安定。座位も1時間が限度であった。 体力・意欲も向上され、レク・機能訓練にも参加されるようになり、一日のご利用となる。 3ヶ月ほど 82
男性
杖歩行、12/10日股関節骨折手術入院、3月上旬から車椅子で再利用、車椅子と歩行器でやっと移動の状況。施設では手術後関節が開かず車椅子利用であった。 娘さんの自立支援、励ましもあり施設で機能訓練への参加、排泄時の杖歩行練習などで5月に入り関節の可動範囲も広がり杖歩行で過ごせる様になった。入浴もリフトから一般浴に入浴出来るまで良くなった。 3ヶ月 86
男性
歩行時杖歩行、ふらつきもあり後方から職員の付き添い介助が必要でした 通所してから体操とレクを楽しんでおられ足の筋力が付いてきて動きもスムーズになってきている。施設内では介助無しで他のテーブル間を移動できるようになった。ご本人はここに来て自分で歩行出来るようになったと喜んでおられます。 5ヶ月 80
男性
変形性腰椎症と脳梗塞で杖歩行。左、上下肢に麻痺があり左手が硬縮している為歩行不安定で100%職員介助が必要 なごやか機能訓練に積極的に参加、足の力が強くなり、以前より歩行が安定、職員の見守りで自力杖歩行出来るまで良くなった。体重過剰でしたが、減少。 6ヶ月 84
女性
杖歩行、年齢的に体力が低下しており介助が必要。 関節可動域訓練を中心に何でも積極的に体を動かす機能訓練に参加。レクも楽しんでおられ、足、腰の筋力がついてきた。先日自宅で転んだが思うように体が動き怪我をしないですんだとのこと(ご本人談) 1ヶ月 92
男性
車椅子。着脱・排泄時、自力での移乗が困難だった 車椅子利用だが立位が安定して来た。足の筋力と握力もついて来て自力での移乗が出来るまでになった。 6ヶ月 87
男性
脳梗塞後遺症による左半身麻痺により常時、車椅子使用
当時は自力での立位困難な状態
除々に、手すりを使った立ち上がり、手すりをつかった立位(つかまり立ち)がとれるようになる                   除々に手すりを伝っての歩行、車椅子←・→椅子への移動がほぼ介助無し(要見守り)で行えるようになる 4〜6ヶ月 81
女性
 老健施設からの転所。 直後は寝たきりの状態で、呼びかけにも反応なく、いわば廃人のような状態で、ご家族の話では医者に見捨てられたとのこと。 半身にできてた褥瘡もなくなり、座位も取れるようになり、かなりの発語をされるようになり、若干の対話も可能となる。 認知症であられますが施設では人気者に。音楽療法時に、反応を示しだし、車椅子上で手が意思で動くようになったのがきっかけとなった。ご家族からは大変感謝されいます。 3ヶ月 88
女性
元ホームレスの方。脳溢血のため、左半身麻痺。生きる気力をなくしている故に何もせず、食事さえもしない。   住まいはアパートを提供されているが、大変不潔な状態。   生きる意欲を取りもどしつあり、会話するようになり、拒否していた杖を使用し、自力での立位、移動が可能となる。 住まいも以前に比べればずっときれいになる。園芸療法から目に力が漲る。 1ヶ月 71
男性
日中独居で度々自宅での転倒があり、歩行時もふらつきが見られた。 機能訓練を始めてから、自宅での転倒がなくなったとのこと。(ご本人談)トイレへの歩行も殆どふらつきなく行けるようになり、性格も以前より社交的になられた。 80
女性
歩行時ふらつきあり、自宅での生活にも不安があった。 下肢の体操などにより以前より歩行も安定し、自分の食器を洗ったりなど身の回りのことを少しできるようになった。 80
女性
脳出血の後遺症のため、右半身麻痺で、常時車イスにての生活。 送迎時を除き、移動は全て杖歩行にて行えるようになった、ご自分で歩行できるようになり安定しています。精神的にも非常に明るくなって笑顔が多くなった。 H16.7からH17.6 62
女性
自宅から車までの移動は車イス、施設内は杖歩行での移動でした。 杖の必要は無くなり、ご自分で安定した歩行が保たれています。 H16.4からH16.12 75
男性
脳梗塞の後遺症のため左半身麻痺により、常時車イスでの生活でした。 送迎時を除き、全て、移動は杖歩行で行えるようになり、職員の介助にて歩行されています。 H15.12からH17.5 73
女性
初来所時、腰痛がひどく座位を保てず、1日横になっている事が多かった。 腰痛が無くなり、座位は安定して歩行もご自分で安定した歩行ができるようになった。 H16.9からH17.2 88
女性
当初来所時、杖2本を使用しての歩行で非常に不安定な状態でした。 杖は使用しておりますが、1本にての使用になり安定した歩行を維持できるようになった。 H16.4からH16.12 85
女性
杖を使用して来所 自然歩行となりました。 1年程度 86
女性
認知症にて言語不明瞭。歩行は介助者が殆ど抱える状態。 認知症は残るものの言語明瞭。足取りもしっかりし、手引き歩行が可能となる。 4.5ヶ月 92
女性
要介護5。歩行もままならず、引きこもり状態。 自立歩行。他の人とのコミュニケーションも取れ、カラオケを熱唱。 73
男性
当施設利用以前の介護サービス利用時には攻撃性が強く、暴れていたとのこと。 時折攻撃性が出るものの殆ど穏やかに過ごされる。 1週間 84
女性
鬱症状。 デイに来るのが楽しみ。他人とのコミュニケーションも良。 1ヶ月 89
男性
車椅子利用。両便失禁頻繁。言語不明瞭。 失禁は時折みられるものの回数激減。言語も明瞭となり、手引き歩行可能にて調子が良ければ一般浴が可能に。 0.5ヶ月 74
男性
右片麻痺あり。初利用が平成16年8月。利用された当初は送迎も施設内も全て車椅子で移動され、入浴もリフトで入っていました。職員が歩行練習を促しても怖がられてかたくなに拒否される。 歩行練習を始めるまでに一年近くかかりました。初めは施設内の短い距離を通常の杖で職員と共に歩く練習を行ない自信をつけていただきました。自信がついてから入浴時に毎回のように一般浴で入るように勧め、一ヶ月ほどで抵抗なく入っていただけるようになりました。送迎も車までは車椅子を使用し、座席に座っていただけるようになりました。その後すぐに車椅子の持参もなくなり、現在は多脚歩行器を使用し、施設内の歩行もほぼ自立されておられます。表情も明るくなり、娘さんと旅行に行くのが目標とのことです。
12ヶ月 83
女性
初利用が平成16年3月。初めは全て車椅子を使用されていました。 開始から二ヶ月ほどで入浴はご本人の希望でリフト浴から一般浴へ変更になり、その後徐々に施設内は車椅子を使用せずに手引き歩行が可能となり、送迎も今年の9月頃より車椅子車送迎でなく一般送迎が可能になる。歩行も安定されており、週3回お元気に来られています。
94
女性
左大腿骨折。初利用平成16年7月6日。ご利用開始から半年ほどはトイレの際の上げ下ろし、入浴時の着脱はほとんど介助していました。移動は全て車椅子。機能訓練では以前は足が痛いからと上半身のみしか行なっていませんでした。初めはつかまり立ちしてもふらつきがありました。 現在ではトイレは調子が悪いとき以外は全てご自分で行ない、入浴時は靴下と靴をお手伝いする以外はほぼご自分で行なっています。移動は全て車椅子ですが、初めは職員が押していたのが現在ではスロープ も腕の力だけで上がれるようになりました。体操では二ヶ月ほど前から自発的に左足も動かすようになりました。現在はつかまらなくてもしっかり立っていられるようになりました。寒い時期は痛みがきついようですが、ご自分でできることは頑張って行なっています。
6ヶ月 94
女性
車椅子使用  自宅2階まで昇降機使用                     杖歩行                   自宅2階まで自力で階段使用 一年  3ヶ月 81歳
女性
杖歩行(ふらつきあり)  安定歩行(ゆっくり) 8ヶ月 88
女性
車椅子使用                                    杖歩行                    8ヶ月 76
女性
左麻痺(茶碗持てず) 歩行不安定(引きずり足) 指先に力が入るようになる(茶碗がもてるようになる・背中を自分で洗える)            歩行安定 一年  3ヶ月 67
男性
下半身不全。つかまり立ち不安定  つかまり立ち安定 (肩・腕・指に力が入り、しっかりつかまれるようになる) 9ヶ月 65
男性
脳挫傷:当初は言葉に訛りがあり話すことも少なく、カラオケ時にも歌うこともなかった                 最近は他のご利用者様ともよく話しされたり、カラオケも一人でも歌いまた、仲の良い利用者とデゥエットで歌う。 12ヶ月 76
女性
うつ病 現在は施設内においては症状が少なくなった。 13ヶ月 71
女性
手のリュウマチ 指がかなり動くようになった 8ヶ月 88
女性
脳腫瘍、直腸癌:車椅子使用立位で階段を4段程昇り降りできる程度であった。 現在自宅より手引きにより送迎車までの3メーター程歩けるようになった 3ヶ月 69
女性
ほとんど歩くことが出来ず、入浴はリフト浴対応だった。  歩行訓練において、見守りでも歩行できる日が増えてきた。入浴はシャワーチェアーを使用しての一般浴になった。                1年2ヶ月 74
女性
全く歩行が出来なかった。  サークルを使用してホール内を1周位は出来るようになった。 1年3ヶ月 76
女性
要支援でほとんど自立しているが、肩こりがひどかった。  「機能訓練をはじめてから、あまり肩こりをしなくなった」とおっしゃっている。 1年2ヶ月 80
女性
ほぼベットに寝たきりだった。  現在は杖を使用し歩行可能となる。但し、見守りは必要。「デイサービスに来るようになって元気になった」とおっしゃっている。 1年1ヶ月 95
女性
終日、車椅子を利用していた。  サークルを使用してホール内を1周位は出来るようになった。送迎時も一般の座席に移乗できるまでになった。 1年1ヶ月 86
女性
終日、車椅子を使用していた。また、体調も悪そうだった。  車椅子の取っ手に?まり自分で押しながら、ホール内を2周位歩行できるようになった。入浴でもシャワーチェアーを使用した一般浴から、普通に歩行する方法に変更となった。 1年 81
終日、車椅子を利用していた。  サークルを使用してホール内を2周位は出来るようになった。送迎時も一般の座席に移乗できるまでになった。入浴でもシャワーチェアーを使用した一般浴から、普通に歩行する方法に変更となった。 11ヶ月 84
女性
脳梗塞による麻痺(左側)の力がほとんど入らずに歩行が困難だった。  少しは麻痺側にも力が入るようになってきたようである。 3ヶ月 83
男性
ご利用当初は車イスでの来所で、歩行困難でした。 ・車イスは全く利用せず、玄関からの階段の上り下りもふらつきなく歩かれます。活気も出てきており、旅行へ行ってみたいと話されるようになりました。 16.9月〜17.5月 81
女性
・足の運びが悪く、日によって施設内では車イスにて移動していました。 ・車イスを使用することはなくなり、トイレへも自発的に行けるようになりました。 16.5月〜17.5月 86
男性
歩行不可。立位も厳しい。車椅子送迎。 手引きで歩行可能となり、送迎に車椅子を使用しなくなった。 16.10〜17.5 93
女性
室内つかまり歩行、車椅子送迎 歩行がしっかりしてきた。送迎に車椅子を使用しなくてもよくなった。 16.8〜17.7 78
男性
脳梗塞による左上下肢マヒのため、歩行要介助。食事はペースト食。 歩行は要介助状態ではあるが、しっかりしてきた。食事はきざみ食となった。 17.3〜17.7 78
男性
*来所直後は、車椅子を使用。
*衣服の着脱は、全く出来なかった。
*現在は、手引き歩行で歩くことが可能。
*衣服の着脱は、一部自分で出来るようになった。
H16.7.27から現在 92
女性
*既存ADLは高く、歩行にも全く問題なし。 *自宅周辺を散歩中に転倒。すり傷と軽い捻挫のみ。
本人談「なごやかで体操をしていたので、骨折せずに済んだ。
H16.10.6から現在 76
男性
*来所時は、退院直後で立位をとるのがやっとの状態だった。 *立位は、つかまって一人で出来るようになり、介助つきなら数歩歩けるようになった。 H16.12.20から現在 94
女性
リフト車にて送迎。終日、車椅子を利用していた 一般者に移乗可能になった                   施設では車椅子を基本的には使っているが職員が介助し歩けるようになった
女性
足の運びが悪く歩行に時間がかかった 以前よりもスムーズに歩けるようになった(ご本人談)                        ふらつき軽減、バランスが良くなった
女性
車椅子利用。一人では歩行できない状態 杖歩行が出来るようになった        他のご利用者様ともコミュニケーションを活発にとるようになり生活意欲に改善が見られる
女性
車椅子利用。食事介助していた 不安定ながらも介助歩行できるようになった                   少し時間かかるが自分で摂取出来るようになった
男性
 失語症のためはっきりと話す事ができなかった。  日常会話はスムーズにでき電話の応対もしっかり出来るようになった。 6ヶ月 74
男性
 一人で歩くこともできず施設内の移動は車椅子だった。  少しずつ歩けるようになり今では外に散歩行くまでになった。 8ヶ月 64
男性
フラフラ歩きだった。  ふらつきがなくなり足取りがしっかりした。 6ヶ月 84
男性
フラフラ歩きだった。  ふらつきがなくなり足取りがしっかりした。 8ヶ月 68
女性
 介助がつかないとすぐによろけて歩行することがまったくできなっかた。  介助がつかなくても歩行することができるようになった。 6ヶ月 79
女性
 一人で歩くこともできず施設内の移動は車椅子だった。  介助がついて歩行することができるようになった。 3ヶ月 80
女性
 フラフラ歩きだった。  ふらつきがなくなり足取りがしっかりした。ヘルパーの回数を減らすことが出来た。 9ヶ月 86
女性
 立ち上がり、歩行などの動作が大変ゆっくりだった。  立ち上がり、歩行の動作のスピードが改善された。 6ヶ月 82
男性
足が思うように動かず車の乗り降りに時間がかかっていた。 下半身機能訓練の成果で足取りがよくなり車の乗り降りがスムーズに出来るようになりました。
女性
伝い歩きまたは、杖歩行はゆっくり。 杖歩行で以前よりスムーズに歩ける様になった。 なごやかに行ったその日の夜は、身体がすっきりする。 なごやか体操を日課にしている。 5ヶ月 93
女性
疲れやすかった(人工透析中)体質。 身体全体が回復した気がする、疲れにくくなった。 1年 80
女性
左膝が曲がらない状態で、松葉杖使用。 足腰が軽くなってきており調子の良い日は1点杖で歩行できる様になった。 11ヶ月 81
男性
足腰が弱く、階段のぼりがかなりきつそうだった。 歩きが力強くなった。本人も楽になった。近所の人が「元気になったね」と声をかけるとのこと。 6ヶ月 78
女性
いつも「死にたい」の発言多し。 明るく元気になり、「死にたい」の発言がぐっと減った。 全て 87
女性
膝、背中が痛いといっていた。 痛みが軽減。また痛くとも、「今日はなごやかへ行ける」と思うと不思議と痛みが軽くなる。 6ヶ月 83
女性
脳梗塞による左半身麻痺。
肥満により杖歩行不安定。
体重 90kg   要介護度 1
ご本人が機能訓練により、体幹の安定を実感され週 1回より3回に利用回数増やし、機能訓練に熱心に取り組んでいる。体重も減少傾向。    現在84kg 6ヶ月 64
男性
膝関節変形による疼痛。
歩行困難、シルバーカーにて移動。
疼痛あるも歩行安定し杖無しで歩行される日もある。本人も効果を実感し、意欲的に参加し、継続している。 9ヶ月 80
男性
両下肢麻痺あり。介護度2 H17.1〜四点杖使用、歩行介助にて移動。 下肢筋肉、体幹バランス安定し、一点杖を持たれているが施設内では杖無しで歩行可。「機能訓練のお陰で、とても足が楽になっている。」と話されている。身だしなみも整いファッショナブルで快活に他利用者との会話も楽しまれている。
6ヶ月 87
女性
歩行不安定。一日中椅子に座っていると足がむくむ。上肢動かしにくくボール投げが飛ばない。 歩行に自信がついてきたと話される。足のむくみも減り、レク等ボール投げでも効果が見られる。
6ヶ月 77
女性
うつ病、初老期認知障害。自立歩行されるが、つまさき上がらず歩行不安定。情緒不安定、口渇感訴えあり。 うつ症状なくなり周りとのコミニュケーション良好。落ち着きが出て歩行安定し自宅で障害なく暮らせることが可能になった。週3回から週1回に変更。機能訓練、レク一番熱心に参加。 10ヶ月 65
女性
脳梗塞後遺症左半身麻痺。介護度3 H17.6〜週1回利用。 現在は、全体的な身体バランスがよくなり歩行も安定された。「機能訓練のお陰で、体調も良くなった。これからも続けていきたい。」と意欲的に話されている 72
男性
昨年の9月から、通所されています。当初は伝い歩きがやっとで、それも本当にゆっくりしかできませんでした。ご自宅の風呂も跨げないので入浴できませんでした。 今では見違えるほどお元気で、立って体操されるほどです。歩行も杖なしでされるようになりました。送迎の際も階段の昇降、車の乗降もとてもスムーズになりました。ご自宅の風呂も入れるようになりました。 16年9月〜現在 82
男性
後ろ手ができず、歩行も常に眩暈がするとおっしゃって外出することもありませんでした。 通所されたことにより、お友達も出来外出の機会ができますから、機能訓練や自宅玄関の階段20段、施設内の移動で、下肢筋力の低下も防げ、後ろ手もできるようになりました。家では、体をほとんど動かすことがないので、デイでの体操が本当に体にいいのよと、いつもおっしゃっています。 17年2月〜現在 81
女性
右肩が上がらず、湯のみ茶碗も取れなかった。 手先の細かい作業は無理ですが、茶碗も取れるし、肩もかなり上がるようになりました。 16年9月〜現在 79
男性
歩行時ふらつきあり 歩行時のふらつき軽減 バランス性に向上がみられる           1ヶ月 78
男性
歩行時ふらつきあり(Tcan使用) バランス性不良 Tcan使用なしの状態でふらつき軽減  バランス性向上 歩行スピード、安定性向上 2ヶ月 67
男性
歩行できず、自宅では床を這って移動していた スタッフの手引き介助で歩行出来るようになった。 3.5ヶ月 75
女性
2〜3歩は歩けたが極めて動きが鈍く危険であった。 リフト送迎で対応。 手引き介助でかなりの距離歩けるようになった。                現在はステップ乗車送迎。 4ヶ月 73
女性
脳梗塞の為左麻痺が有り行動に制限が有った。 左手の握力が強くなった。併せて左足の踏ん張りも強くなった。 3ヶ月 74
女性
寝つきが悪く、眠りも浅かった。 寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるようになった。 1ヶ月 87
女性
足の動きにスムーズさを欠き、上手く歩けなかった。掴まり歩きしか出来なかった。 足の動きがスムーズになり短い距離なら杖歩行で歩けるようになった。足も以前より高く上がるようになった。しっかり歩くことが出来るようになったとご本人が大喜びしています。 3ヶ月 91
女性
通所当初は腰を痛め、歩行がやっと出来る状態だった。 機能訓練を始めてから腰の痛みが取れ、著しく運動能力が回復した。こんなに急激に回復すると本人にも意欲が出てカルチャーや水泳まで始め、利用回数が減った。 1.5ヶ月 77
女性
癌の術後で筋力が衰え、歩行が出来ない状態。 まだ、歩けるまでには回復しては居ないがご本人は筋力が付いたことを自覚し、通所回数を増やした。 2ヶ月 86
男性
利用当初は発語も少なく極めてADLの低下が目立っていました。 表情も豊かになり、意思表明も鮮明、発語も多くなりました。 ADLも以前より改善されました。 6ヶ月 88
女性
Yamane Medical Corporation